2016年03月26日

3月26日 何の日? カチューシャの唄の日

1914年、芸術座がトルストイの「復活」初演を行いましたが、劇中で歌われた松井須磨子の「カチューシャの唄」が大流行したことに由来します。

芸術座は、新劇の父と言われた島村抱月と、日本初の整形美人女優、松井須磨子が興した劇団。

3回目の公演として行われたのが、この「復活」で、劇中で歌を歌うという日本初の試みが話題になりました。

「カチューシャの唄」はレコード化もされ、蓄音機が普及していない時代にも関わらず2万枚が売れたそうです。


現代で言うミリオンセラーですね。


これだけ「日本初」が揃っていれば、納得。



アップテンポにするとか、ピアノとサックスの伴奏でバラード調にしたら、現代でも通用しそうですね。





posted by ぱせり at 12:00| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。